つぶやきさんの食卓

パンと読書と子育てとその他もろもろ

ピアノとワタシ

    先日、人生でまだ数回しかない自分のなかでは大きな出費をしました。

    デジタルピアノです。

    何か始めたい!だけど、幼子を抱える母のため一人でどこかへ行くというわけにはいかない。スポーツは一人でいかなきゃいけないから、落ち着くまではできそうにないし…ということで、ひらめいたのがピアノでした。

    ピアノは小さい頃習っていた程度で、モーツァルトソナタK.545第一楽章をレッスンでやってる途中で辞めました。残念ながら初級です。もっと続けておけば弾ける曲も多くなっていただろうに…後悔です。

    ひとまず今弾けるのかどうなのか、実家のピアノでチャレンジしてみました。結果、譜面見ればレッスンでやったことのある曲は弾けました。短絡的ですが、何となくで弾けるし子どもが少し大きくなってピアノやりたいと思ってくれればいいなと(私が弾けず買って無駄になら無いために)デジタルピアノ買おう~となりました。

    そしてお店を巡っていろいろ弾いてみた結果、KAWAIのCN27になりました。実家のピアノもKAWAIだったし、レッスンで弾いてたピアノもKAWAIだったので、馴染みのある音とさわり心地で決めました。

   そして、付属品も色々買ったら予算オーバーしました。これで弾かなかったら本当にもったいない。

    子どもの情操教育のためにも母頑張ります。

   

合体!

   子どもたちが寝るときに私はいつも添い寝をしているのだが、上の子は寝る前に私の身体の下に手を入れて寝たがります。その後しばらくは川の字になって寝ることができるのですが、就寝後一時間程経つとなぜか足が動いてきて寝る向きが変わり、私と垂直になってしまいます。

    下の子はまだそんなに動きがないため川の字で寝られると思っていたのですが、そうでもなかったようです。今日の昼寝で発見してしまいました。


            f:id:tsubuyakikun:20180528154607j:image

     まあ、兄とは川の字?になっているのかな。むしろ、兄弟合体か。

気がついたこと

    お年寄りが赤ちゃんを抱いている写真をみて肌の質感やシワの感じの差からこれから育まれていく命と去っていく命を感じることがありますが、今日自分の手をみたら自分も結構きめ荒くなってきてて去っていく命に着実に近づいていってるんだなと思いました。(まだギリギリ20代なのに)


                      f:id:tsubuyakikun:20180517114636j:image

    ただ、それだけ。

仮面ライダーショー

    こどもの日ということで、二人の子どもを連れてショッピングモールで行われる仮面ライダーショーを観に行きました。

    ショーの30分前に到着したのですが、すでに混雑。出遅れた感がありましたが人の頭と頭の間から見えるベスポジを探して並びました。

    いよいよ始まったら上の子は眠かったのか、抱っこされてボーッと眺めている様子でした。そして、記念写真も撮ってきましたが、上の子はビビっていたため抱っこしたまま撮影しました。ビビっていたから写真嫌だったのかと思いきや、家に帰ってきてから何度も見返しているので多分気に入っているようです。

   一方母の私は 久々のヒーローショー(幼少期以来)に興奮。恥ずかしながら子どもよりノリノリでした。またヒーローショーあったら子ども誘って行ってこよう。

 

    

胃腸炎の私

   先週日曜日、実家付近のお店でビッフェを楽しんで自宅に帰宅したのですが、帰宅途中の車で具合が悪くなり、単なる食べ過ぎ&車酔いかと思いとりあえずトイレでリバースしていました。二時間たっても吐き気が治まらず、水分とっても全てリバース。本物のマーライオンさながらにリバースの勢いが治まらないため夫と近所の夫実家に救援を頼み救急外来に駆け込みました。

    病院到着して熱測ったところ38℃。先生から、胃腸炎だし水分とれないみたいだから点滴しとくか~と言われて二時間点滴。点滴終わる頃には真夜中になってました。時間も遅いし私も吐きすぎてフラフラだったので夫実家に泊まることにしました。点滴した直後少しよくなったので病院でお茶を飲んだのですが、帰宅後すぐリバース。先生に調子悪かったらまた明日点滴しにおいで~と言われていたので翌日また点滴しにいきました。(翌日、義母は仕事を休んでくれて子どもたちの面倒を見てくれました。ありがとう。)

    熱は微熱ほどに下がったものの、水分をとるのがやっとでした。しかも手足が異様に痺れていました。先生に聞いたらこれは脱水の症状だそうで…授乳しているため頑張って水分をとっても充足するまでに至らないんでしょう。午前に点滴終了して実家に戻って寝てました。

    昼に夫から、自宅にある濃厚流動食(メイバランス)飲んだら?と言われ自宅から持ってきてもらいました。これ容量が125mlしかないのに200kcalの熱量があり、タンパク質、ビタミンミネラルも含んでるのでかなりの優れものです。いや吐いたらもったいないなと思いつつ、その日の昼夜、そしてその翌日食欲が少し戻ったので毎食時に一本ずつ飲んでみました。休養もとって不足していた栄養をメイバランスで補っていたせいか、胃腸炎がよくなった頃には身体が普段より疲れにくく元気になりました。上の子の行動に下の子を背負いながらついていけるほど元気100倍。普段、家にメイバランスがあっても熱量をみて敬遠し、賞味期限を切らせてたのですが、今後は疲れてきたなと思ったら、メイバランス飲んで不足してる栄養補って休養とろうと決意しました。

    そして結局水曜日まで夫実家に住んで、そのあとも図々しく何かにつけてお邪魔してご飯食べたりお風呂入ったりしておりました。お世話になりました。

    ちなみに胃腸炎、けっこう頻繁になっていていつもイベントがある前になってました。小学校二年生のときに初めてなったのですが、それも沖縄旅行中。旅行先で点滴したのを記憶しています。そして大学入学後すぐ、就職試験前日…ちなみに大学入学後すぐは入院までしました。

   あくまで個人的意見ですが、胃腸炎の痛みと陣痛はある程度のところまでは似ているような気がします。陣痛はさらに痛み増しますが、出産後の幸福感があるので出産の痛みの方が堪えられます。胃腸炎は痛み堪えても幸福感はないので…

 

甘納豆パンとガンプラ作成

    上の子肺炎、下の子気管支炎で看病がしばらく続いていたのでパン作りをしばらくお休みしてましたが、落ち着いてきたので再開です。(が、しかしまた上の子が咳をし始めているので嫌な予感…)

     今回は夫のリクエストの甘納豆パンを作りました。

2斤サイズ

   材料

小麦粉(ゴールデンヨット)…480グラム

塩…4グラム

ドライイースト…4グラム

砂糖…30グラム

マーガリン…30グラム

牛乳…360グラム

甘納豆…80グラム(今回は小豆の甘納豆使用)

    つくり方

1   小麦粉、塩、砂糖、牛乳をパンケースに入れ、食パンコーススタート。

2   スタート後、5分経ったらドライイーストとバター投入。

3   ホームベーカリーの具材投入ブザーが鳴ったら、甘納豆を投入。

4   焼き上がり5分前に取り出して完成。

    ゴールデンヨットは窯伸びするので、いつもの量の小麦粉を入れるとパンケースから溢れてしまったので480グラムにしました。

    若干甘めのパンなので、焼き時間は気持ち少なめということで5分早めに切り上げてます。

 
                           f:id:tsubuyakikun:20180411145930j:image


                          f:id:tsubuyakikun:20180411150056j:image

     塩の加減なのか甘味が引き立っているような気がします。

    久々にパンを焼きましたが、パンの焼ける香ばしい匂いが部屋一杯に充満するというのは気持ちがいいです。つわりの時はこれが辛かったですが。

    

    上の子が戦隊ものに興味を示すようになり、夫が「もしかするとガンダムにも興味を示すんじゃないか」と現在放送しているガンダムをブルーレイで録画して見せてみました。すると案の定興味を示したのでガンプラを購入し、作成しました。上の子は寝るときもベッドまで連れてくるほど喜んでいるのですが、脚や手をあらぬ方向へ向けるため何度も脱落します。そのたび「直してよ~」と待ってくるのですが、寝起き一番にあの細かい部品を入れ直すという作業はなかなか難しいですね。手にうまく力が入らなくて、余計に部品取れてバラバラになりました。

    

 

なんと今年は

    下の子が生後2ヶ月でRSウィルス性の気管支炎にかかり入院しました。

    上の子の肺炎が治りかかった4日前、下の子にも異変が。鼻水と咳が出始めたので、近所のクリニックにかかりました。一先ず咳と鼻水を鎮めるシロップの薬と熱が出たときのために坐薬を頂いて帰って様子を見ていました。

    上の子はその間元気一杯。外に出られないので家の中で走り回る、押し入れに上る、テレビ台に上る…

    下の子はよく咳き込むようになり、夜中も鼻水が喉に流れ込むせいか咳き込んで起きてしまっていました。上の子が風邪を引いたときに購入して全然使ってなかった鼻水吸引器を使って鼻水を吸うことにしました。(夫がやってました。女性より男性の方が吸引力が強いのか結構吸えてました)

   胸辺りのゼーゼーが酷くなったのは昨日の夕方から。突然音が大きくなりビックリするやら怖くなるやらで、受診する前にまず小児救急電話相談にかけてみようと電話してみましたがツーツー、繋がりませんでた。

    繋がらないので総合病院の救急外来に電話をかけると、まずは近所のクリニックに受診してみて紹介状を持ってきてくださいと言われたので、かかりつけの近所のクリニックに受診。処置できる設備がないのでということで紹介状を書いてもらい、総合病院の救急外来に受診しました。吸入してもらってまずは帰宅しました。

    救急外来の当直の先生から、明日も症状変わらなければ小児科医のいる時間が~時なのでおいでと言われたので、今日受診しました。

    鼻の粘膜検査でRSウィルス、胸部のエックス線検査で気管支炎が発覚しました。そして即入院。年齢が小さければ小さいほど重症化するそうです。

    下の子と私のベッドサイドにはあらゆる機械があって、子どもには色んな管がつけられ、自宅でもう一日と待たなくて良かったなと思いました。

    ちなみに上の子は夫と一緒に帰宅。別れ際に泣かれるかと思いきや「母さんバイバーイ!」と清々しく帰っていきました。母の方が寂しいわ。

    子の成長を感じました。