つぶやきさんの食卓

パンと読書と子育てとその他もろもろ

一斤サイズクリームチーズのめいけんチーズ パン

   三連休でしたが、私が妊娠していることもあって我が家は自宅でのんびり過ごしました。(上の子妊娠時に切迫早産になっているため、用心です)

   さて、今回は実家からもらったクリームチーズがあるので、クリームチーズとはちみつを混ぜ爽やかなフィリングにしました。正直クリームチーズもっと入れたかったな。    

材料

    強力粉    250グラム

    砂糖        20グラム

    塩            2グラム

    ドライイースト    3グラム

    バター    20グラム

    牛乳        180グラム

    ココアパウダー(無糖)    適量

    チョコペン

(クリームチーズのフィリング)

   クリームチーズ    90グラム

   はちみつ(砂糖でも)   12グラム

    クリームチーズのフィリングを作る

 1   耐熱ボウルにクリームチーズを入れて600Wで2~30秒温める。(柔らかくなればOK)

2    はちみつを入れて混ぜる。   

    パン作り

1   捏ねと一次発酵はホームベーカリーにお任せ。

2   鼻と耳の生地を分け、鼻はココアパウダーを加えて練る。耳はめいけんチーズの耳に形成。それ以外の生地は粉をふったまな板にのせ、めん棒で丸く伸ばす。   

3   伸ばした生地の真ん中にクリームチーズのフィリングを乗せて包む。

4  チーズの顔の形に形成して、耳と鼻を付けて二次発酵30分。オーブンは170℃に予熱。

5   発酵が終わったら170℃で30分焼くが、最初の10分焼いたあと、アルミホイルを上から被せる。

6   冷めたらチョコペンを湯煎しながらめいけんチーズの顔を描く。

 
                   f:id:tsubuyakikun:20170920153526j:image

     なんといってもこの耳が再現しにくいです。パンが思いの外膨らんで、思うような形にならない…

           
                   f:id:tsubuyakikun:20170920153633j:image


          f:id:tsubuyakikun:20170920153659j:image

     中身の写真もとってみました。

     めいけんチーズの鼻に使ったココアパウダー入りの生地が少し余ったので、プロセスチーズを包んで焼いたところ、子どもも夫も大喜びでした。焼きたてだったからなおさらかな。(内心「あれ、そっちの方が良いんですか」って思ってしまったけど。シンプルイズベストか。)

 

ほんのり甘い手繋ぎ枝豆パン

    アンパンマンシリーズをお休みして、今回はまたまた実家から頂いた塩ゆで済みの大量の枝豆を使って枝豆パンを作りました。

   (実家も大量過ぎて毎回消費に困っている模様。)

    材料

   強力粉(今回はハルユタカ使用)    250グラム

    砂糖        30グラム

    塩            1グラム

    ドライイースト    3グラム

    有塩バター    20グラム

    牛乳        180グラム

    塩ゆで済みの枝豆殻をむいたもの   1カップ

 

   作り方

   1   今回もホームベーカリーの生地作りコースお任せですが、ドライイーストとバターだけ別に取っておきます。ドライイーストは開始5分後投入し、バターは30分後に投入しました。(この方が生地の状態がよい気がする。気がするだけかも)

   2   一次発酵が終わったら、クッキングシートに生地を取り出して打ち粉をしながら枝豆を練り込みます。しっかり生地に枝豆をいれないと枝豆が飛び出ます。

   3   しっかり練り込んだら生地を8等分にして各々を丸めて輪を作るように並べます。

   4   二次発酵30分。オーブンは180℃に予熱。

   5   180℃で40分焼きますが、開始11分後にアルミホイルを被せて焼きます。


                f:id:tsubuyakikun:20170915152740j:image   

     夜に焼き上がったのですが、子どもをお風呂に入れたりしてるうちに(いつもは子どもと一緒にお風呂に入る夫は趣味で不在のため)写真を撮り忘れてしまい、朝食べ始めた時に慌てて撮りました。感想としては、焼いたせいか枝豆の青臭さが減った気がします。

    夫は「なんか見た目がピスタチオみたい」なんていいながら食べてましたが…

     焼き色が薄い方が好みの方は焼き時間が30分でも問題ないと思います。

    ハルユタカ初めて使いましたが、保水性が高いのか生地を触ると柔らかくてモチモチというかネチネチとしていました。これは食パン向きなのかな。        

  

一斤サイズバイキンマンパン

   前回のクリームパンダは子どもの反応がいまいちだったので、今回はバイキンマンを作りました。中身は義実家から頂いた子どもが大好きな枝豆のずんだを入れました。

    焼き色だけではバイキンマンの色を作り出すのは無理でしたが、記録として載せときます。

    作り方

1   パン生地の材料は前回のクリームパンダ同様の材料です。今回もホームベーカリーの生地作りコースで作りました。

2   まな板にクッキングシートを敷いて打ち粉をして、一次発酵が終了した生地をのせます。めん棒で生地のガス抜き、バイキンマンの耳と目と鼻と鼻と口を分けているライン(何と言ったらいいのか…)を取り分けておきます。

3    顔になる生地を真ん中を厚めにして丸く伸ばします。その上にずんだをのせて、口を閉じて丸く形成します。

      バイキンマンの耳を作って顔と合体。今回は絵に似せて先の方を丸く作りました。

     目は丸めて薄く伸ばして顔と合体。

     鼻と口を分けるラインは細長く伸ばして厚みを薄くして貼り付けました。鼻は丸めて付けたら、真ん中を窪ませる。

4   二次発酵30分。オーブンは今回も180℃に予熱。

5   発酵が終わったら、180℃で30分焼きますが、開始10分で口と鼻をアルミホイルで覆い、さらに5分後鼻と口を分けるラインと目をアルミホイルで覆いました。


              f:id:tsubuyakikun:20170912151654j:image

     うーん、やっぱり頭の部分はココアパウダー入れた生地の方が良かったかな。

    仕上げにチョコペンで顔を描きました。


               f:id:tsubuyakikun:20170912151810j:image

      子どもはバイキンマンパンを喜んで、早々に鼻と目と耳をちぎって食べていました。やっぱり王道のキャラクターは強い。

 

一斤サイズクリームパンダちゃん

   前回に引き続き今回もアンパンマンシリーズの一斤サイズクリームパンダちゃんを作りました。中にはトローリ手作りカスタードクリームをたっぷり入れました。

     材料

    強力粉    250グラム

    砂糖        20グラム

    塩            2グラム

    ドライイースト    3グラム

    バター    20グラム

    牛乳        180グラム

    食紅        少々

    チョコペン

(さっぱり目カスタードクリーム)

   牛乳      200グラム

   卵         2個

   砂糖     50グラム

   小麦粉  18グラム

   バニラエッセンス  少々

    カスタードクリームを作る

 1   耐熱ボウルに小麦粉以外のカスタードクリームの材料を泡立て器で混ぜ、小麦粉はふるいながら加える。

2    ラップをしないで600Wの電子レンジで2分加熱し、加熱後素早く泡立て器で混ぜる。その後40秒加熱→泡立て器で混ぜる工程を3回くらい様子を見ながら行う。

3    カスタードクリームが好みの硬さになったら、耐熱ボウルよりひとまわり大きいボウルに氷水を入れてカスタードクリームを冷ます。この時もかき混ぜると熱が逃げやすい。

4  別容器にカスタードクリームを移して、冷蔵庫で冷やしておく。

    パン作り

1   前回のアンパンマン同様、捏ねと一次発酵はホームベーカリーにお任せ。

2   頬と鼻の生地を取り出し、食紅を加えて練る。それ以外の生地は粉をふったまな板にのせ、めん棒で縦長に伸ばす。(30センチくらいの長さに伸ばしました。)      

3   カスタードクリームを生地の上3センチ、横1センチ分程空けて上半分にのせ、しっかり閉じる。(横は特にしっかり閉じないと焼いている最中にクリームがはみ出てきます。)

4   スケッパーまたは包丁で上に4ヶ所切り込みを入れる。思いきってクリームが入っているところまで切り込みをいれて構わない。

5    鼻と頬を付けて、少し指で窪ませる。

6   二次発酵30分。オーブンを180℃に予熱しておく。

7   発酵が終わったら180℃で30分焼くが、最初の15分焼いたあと、アルミホイルを上から被せる。

8   冷めたらチョコペンを湯煎しながらクリームパンダの顔を描く。


        f:id:tsubuyakikun:20170908110806j:image


        f:id:tsubuyakikun:20170908110823j:image

    昼過ぎから作り始めたので、焼き上がってから一晩たって写真を撮ったり顔を描いたりしました。今回は縮まないように焼き上がってすぐ衝撃を与えたのですが、やっぱり縮みました…どなたか縮まない方法教えてください。

     子どもはアンパンマンほどの興奮はしなかったものの、見せた途端に鼻と頬をむしりとって食べてました。

 

一斤サイズのアンパンマンパン

   この頃、ついに子どもがアンパンマンにハマり始め、よくチョコクリームが入っているアンパンマンパンはパン屋さんでも見るので、本物に近づけるべく、つぶあんパンで作ってみました。

   材料 

    強力粉    250グラム

    砂糖        20グラム

    塩            2グラム

    ドライイースト    3グラム

    バター    20グラム

    つぶあん   詰められるだけ

    牛乳        180グラム

    食紅        少々

    チョコペン

   

    1    食紅以外の材料をパンケースに入れて、ホームベーカリーの生地作りコースにお任せ。

    2    ホームベーカリーでの捏ねや一次発酵が終わったら、台に生地を取り出して、頬と鼻になる分の生地を取りわける。

   3    頬と鼻になる生地に直接食紅をかけて、よく捏ねる。食紅の量は付属スプーン一杯くらいは使ったような…

        鼻と頬の生地を3等分して丸めておく。

  4   白い生地は丸く伸ばす。この時、生地の真ん中が薄くならないよう真ん中は厚めに。

        伸びたら餡を詰め(詰めすぎ注意)、鼻と頬を取り付ける。取り付けたら鼻と頬を指で一押し窪ませておく。二次発酵は30分。その間にオーブンを170℃に予熱しておく。

    5    170℃のオーブンで30分焼くが、開始10分後にアルミホイルを被せる。

    焼き上がりはこちら…


                 f:id:tsubuyakikun:20170903165415j:image

     右は子分のあんパンです。鼻と頬の生地が余ったので、餡を詰めたのですが詰めすぎて漏れました。

      焼き上がったあとは冷ましてから、湯煎したチョコペンで湯煎しながら顔を描きます。

     完成形がこちら…        
               f:id:tsubuyakikun:20170903165644j:image

     子どもは大喜びです。子分のつぶあんパンをおやつにあげましたが、うちの子どもは豆好きなのか甘ければいいのかわかりませんが、ウマイウマイ(この頃のブーム)とつぶあんも食べてました。

     明日にでもアニメのアンパンマンを子どもと観ながら、おやつタイムを楽しみたいと思います。たぶん一日では無理でしょう。



 

 

 

朝から面倒くさい夫婦喧嘩

   おはようございます。妊娠4ヶ月、身重になってきました。

   今日は管理栄養士夫婦ならではなのかわかりませんが、朝からよくある喧嘩をご紹介します。

    ある平日の朝のことです。今日は納豆と昨日の残りの鮭とほうれん草のシチューとカボチャの煮物、大根きゅうりの浅漬け、冷やしトマト、おからとひじきの炊いたものを出しましょうと準備をしておりました。

    おからとひじきの炊いたものは冷凍していたので電子レンジにかけて解凍して、その他を食卓に出したところ、夫から「納豆だけってたんぱく質足りなくない?卵焼きとかないの?」

    電子レンジで解凍し終わって食卓に出したらそれ以上なにも言いませんでした。こちらとしては、子どもは朝ごはんを待てないので早く出したいし、私もさっさと食べてしまいたいと思っていたので、カチンときました。そして夫は、野菜は率先して食べるタイプじゃないんだと言いながら、納豆ごはんとシチューだけ食べて食事を終わらせようとしていたので、私は他のおかずも食べなよと促しました。以前口内炎が酷かったらしくトマトさえも食べなかったのですが、治ったそうでしぶしぶ食べていきました。

    もっともらしく栄養バランスについて言っているようですが、朝から野菜を一切とらないで出勤しようとしているところや、そもそも栄養バランスって一食で揃えなくたって3日から1週間でバランス取れりゃ問題ないんです。つわりのときも夫は味について批評してきたので揉めてるわけですが、これは出産後夜間の授乳でヘロヘロなのにまた文句言うだろうと思ったので喧嘩しました。

    結局、夫自身が卵焼き食べたかっただけなのでそんなに食べたいなら自分で作れ、晩御飯はお金持ってるんだから外で食べてこいと伝えて送り出しました。

   大体、学生時代と活動量も違うし体重が変わらないからって体型が変化してることに気づいてるくせに、どうするつもりなんだろう。

    一応専門知識をお互いが持ち合わせていると、食事が厄介です。   

つわりが落ち着きました

   ご無沙汰しております。

   やっと吐きづわりが落ち着き始め、料理も少々ではありますが再開しました。一人目の時とは違うつわりのパターンに困惑していましたが、やっと出口が見えてきているというところです。

    つわりのつらい期間は実家に救援物資をお願いしたり、コープのトドックを利用したり、缶詰やレトルト食品食べたりしてやり過ごしていました。あ、でも結局ピークの時は素麺だけだとか納豆にめかぶとご飯という日も多かったです。

    そうこうしているうちに、免疫力が落ちていたようで、妊娠初期の子宮頸がん検診&細菌検査に引っ掛かり、子宮頸がん検査は組織診するし細菌やっつけるために膣錠を自宅で入れなくてはいけなかったりと、私にとってイレギュラーなことばかりでした。組織診して出来た傷が膣錠を入れることによって開くため、血が出た初日は赤ちゃんの方なのかわからず、病院に電話して片道一時間かけて病院に向かいました。とても焦った…

   いろんな検査の結果は次の健診で判明するので、楽しみよりもドキドキの方が大きいです。夫をつれて病院にいこう。

   さて、パン作りですがまだ再開してません。パンを作らないかわりにピザ生地はホームベーカリーで作ってます。このピザ、準備すれば凄く時間短縮で出来ちゃうのでいつかレシピ載せたいな。では。