つぶやきさんの食卓

パンと読書と子育てとその他もろもろ

なんと今年は

    下の子が生後2ヶ月でRSウィルス性の気管支炎にかかり入院しました。

    上の子の肺炎が治りかかった4日前、下の子にも異変が。鼻水と咳が出始めたので、近所のクリニックにかかりました。一先ず咳と鼻水を鎮めるシロップの薬と熱が出たときのために坐薬を頂いて帰って様子を見ていました。

    上の子はその間元気一杯。外に出られないので家の中で走り回る、押し入れに上る、テレビ台に上る…

    下の子はよく咳き込むようになり、夜中も鼻水が喉に流れ込むせいか咳き込んで起きてしまっていました。上の子が風邪を引いたときに購入して全然使ってなかった鼻水吸引器を使って鼻水を吸うことにしました。(夫がやってました。女性より男性の方が吸引力が強いのか結構吸えてました)

   胸辺りのゼーゼーが酷くなったのは昨日の夕方から。突然音が大きくなりビックリするやら怖くなるやらで、受診する前にまず小児救急電話相談にかけてみようと電話してみましたがツーツー、繋がりませんでた。

    繋がらないので総合病院の救急外来に電話をかけると、まずは近所のクリニックに受診してみて紹介状を持ってきてくださいと言われたので、かかりつけの近所のクリニックに受診。処置できる設備がないのでということで紹介状を書いてもらい、総合病院の救急外来に受診しました。吸入してもらってまずは帰宅しました。

    救急外来の当直の先生から、明日も症状変わらなければ小児科医のいる時間が~時なのでおいでと言われたので、今日受診しました。

    鼻の粘膜検査でRSウィルス、胸部のエックス線検査で気管支炎が発覚しました。そして即入院。年齢が小さければ小さいほど重症化するそうです。

    下の子と私のベッドサイドにはあらゆる機械があって、子どもには色んな管がつけられ、自宅でもう一日と待たなくて良かったなと思いました。

    ちなみに上の子は夫と一緒に帰宅。別れ際に泣かれるかと思いきや「母さんバイバーイ!」と清々しく帰っていきました。母の方が寂しいわ。

    子の成長を感じました。