つぶやきさんの食卓

パンと読書と子育てとその他もろもろ

お月見白玉団子

    新米の季節がやってきました。

    我が家では、私が幼少の頃から食べている道産米のおぼろづきを農家さんから直接購入(30キロ)して食べています。前月の下旬に新米が送られて来たのですが、やっぱり新米はみずみずしくて美味しいです。というより精米したてだから美味しいのかな。

    プランターで育てている大葉で大葉味噌を作ったのですが、これを炊きたてのご飯の上に少しのせて、焼き海苔でご飯と大葉味噌を包んで食べると箸が止まりません。せっかく汁物、主菜、副菜揃えてもご飯ばかり食べてお腹いっぱいになってしまいます。

   そんなことで、しばらくパン作りはお休みになりそうです。

     

    前置きが長くなりましたが明日は十五夜です。幼少の頃は祖母が居たためか、すすきを採ってきて団子を作ってお月見をしていました。実家を出てから今まで十五夜自体忘れていたのですが、子どもに買っている雑誌に十五夜の事が書いてあるので、一足早いですがお月見団子ならぬお月見白玉団子を子どもと二人で作りました。

    
              f:id:tsubuyakikun:20171003145545j:image

    私が盛り付けしたのですが雑でした。

    白玉団子はかぼちゃを混ぜた白玉団子と二色にして、トッピングは缶詰の茹であずきと黒砂糖と水とハチミツを煮て作った黒蜜ときな粉です。

    子どもにはかぼちゃの種をスプーンで取ることと白玉団子を捏ねて丸めることをしてもらいました。2歳1ヶ月の子どもでも、教えて少しサポートしてあげれば、ある程度の調理作業はできることに驚きました。私の気持ちに余裕があれば、子どもにどんどん手伝い頼もうかな。(ゆくゆくは皿洗いまで…なんてね)